[ 着地型観光 ]

五島探訪の旅“富江編”

勘次ヶ城

歴史は、深くなる、自然は、濃くなる。
かつて海賊たちが駆け巡った大海原、
「日本三大珊瑚」を探訪する旅。

中国は明の時代、かつて五島は日本と中国を結ぶ重要な中継地点でした。
戦国時代には貿易商人で倭寇の頭目である「王直」が福江島を活動の一拠点として住みつき、種子島鉄砲伝来にも大きく関わっていました。
王直は「五峰王直」の名でも知られ、この「五峰」とは「五島」の別称でもありました。
また、五島は「珊瑚」も有名で、沖縄、高知に並ぶ「日本三大珊瑚」の一つ。中でも血のように赤い「血珊瑚」は稀少価値が高い逸品です。
今回、そんな歴史の表舞台に立つ五島を、珊瑚の芸術性も交えて巡ります。

【内容】

最小催行人数 2名
受入人数 8名
運行条件 小型タクシーまたはジャンボタクシー
予約手仕舞 個人の場合3日前
含まれるもの 交通費、ガイド料
料 金 お一人様 4,000円
主 催 五島自動車株式会社
お問い合わせ 総合予約センター
0959-72-5510
 
【ご予約、催行の可否に関して】
空きの状況を確認次第、
改めて担当からご連絡致します。


【行程表】

体験時間
カンパーナホテル9:00発  ①明人堂・六角井戸9:05着 9:15発  ②多郎島公園9:45着 10:05発  ③勘次ヶ城10:20着 10:40発  ④五島珊瑚資料館・出口珊瑚11:00着 11:30発  カンパーナホテル12:00着


【観光スポット】

明人堂・六角井戸

海賊の頭目「王直」の拠点

明人堂・六角井戸

「王直」の居館に祀られていた堂。堂の中の石碑は明人の道祖神、守り神とも言われ、昔、唐人町に大火が有った時、この堂だけが焼け残ったとの伝説で火伏せの神として地元の人は祀っています。

五島のダイヤモンドヘッド

多郎島公園

「五島のダイヤモンドヘッド」を望めるビュースポット。
近くの牧場では、五島牛がのんびり草を食べていて、ゆったりと流れる島の時間を感じてください。
勘次ヶ城

海賊が見た大海原

勘次ヶ城

大工の勘次が河童と築いた石の城という説や、倭寇のアジトとして築城されたという説があり、でかくてユニークな海賊2人の像が、指さすその先は、当時は大航海時代・・・広大に広がる大海原が眺望できます。
五島珊瑚資料館・出口珊瑚

珊瑚資料館を見学・ショッピング

五島珊瑚資料館・出口珊瑚

五島における珊瑚の歴史は、明治19年に男女群島沖で発見されたことに始まります。珊瑚は深海(千数百メートル)に生えており、特に「血珊瑚」は高級で、最低でも5~600年の年月のモノでないと宝石としては使えない逸品。珊瑚を加工したいろいろ芸術作品をご覧になって頂きます。
MAP
五島珊瑚資料館・出口珊瑚